10年周期のお式トレンド

結婚式のトレンド、流行が動くのは10年周期といわれます。バブル期のハデハデ婚、バブルがはじけてからのジミ婚、その後、現在はレストランで行う挙式、お庭で行うガーデンウエディング、さらに海の上で行う船上ウエディングなど、多種多様な結婚式が行われています。

10年という周期に当てはめていくと、見事にはまります。派手婚と呼ばれたバブル期の、ゴンドラで入場、スモーク利用、レーザー光線有などの大掛かりな結婚式場を利用した結婚式、これは1980年代です。ジミ婚は堅実に神聖な気持ちをもって行う慎ましやかなお式として自然派志向の女性にも好まれました。これが1990年代です。

次は結婚式場でも大きな式場ではなく、ゲストハウスのようなところに少ない招待客を呼びアットホームに行う暖かいアットホーム婚、これは2000年代です。2010年以降は、ウエディングドレスよりも和服でお式を挙げたいとか、神前でお式を挙げる等、和を意識したお式が主流となりました。

さて、最近の傾向は?というと、東日本大震災という未曽有の災害が起こり、改めて人と人とのつながり、絆を考えさせられたという事で、つながり婚と呼ばれるお式が人気です。ではそれ以降、どのようなお式がトレンドとなっているのでしょうか。