結婚式場とトレンド

結婚式は時代によってその様子が違っています。本当に古い時代、今70歳、80歳という方がお嫁入りした時には、多くが自宅での結婚式で、2つの部屋を利用し、襖を取り去って一つの部屋にして、そこに親類を呼びお式を挙げたものです。親戚のおじさんが歌を歌ったりして、非常に温かな結婚式です。

それから戦後、見合いによる結婚よりも恋愛結婚が次第に多くなり、結婚式も結婚式場やホテルなどで行われるようになりました。両親、親類、さらに恩師、友人、上司などをゲストに招き、人数も多くなりました。

バブルの時代には新郎新婦登場の際、スモークの中から出てきたりゴンドラから降りて来たり・・・鳩が飛び、シャボン玉が舞い、風船もたくさん用意されて・・・という派手な結婚式が主流でした。結婚式にいくらかかっただの、お色直しを何回しただの・・・そういうことが話題となって、本当に馬鹿みたいに費用がかかるお式を行っていたのです。

その後、不況時代の幕開け、バブルがはじけてあっという間に無一文となって方も数知れず・・・という日本において、ジミ婚と呼ばれる結婚式が多くなりました。神社などで神聖な気持ちでお式を行い、その後、「しても」家族、親類との食事会・・という結婚式です。このジミ婚はアイドルで俳優さんの新郎と、女優さんの娘さんである新婦さんのつつましやかなお式として、世の女性を虜にして、私もこういう神聖なジミ婚がいい!!という方が多くなりました。

この様に、結婚式というのはその時代のトレンドによって違いがあります。その年、どのような結婚式、披露宴が流行っているかによって、結婚式場をどこにするか決めていくのもいいでしょう。当サイトはトレンド、流行で結婚式場を決めるという事を調べてみました。素敵なお式ができるようにサポートサイトになれたら幸いです。